さすがに理不尽だ。バルサOBとして認められないフィーゴをクライフ氏が擁護

「彼が責められる必要はない」

「彼が責められる必要はない」

フィーゴ氏の移籍騒動について当時を振り返るヨハン・クライフ氏。photo/Getty Images

5日、チャンピオンズリーグ決勝の前座試合としてユヴェントスとバルセロナのOBで結成されたユーヴェ&バルサ・レジェンズとワールド・オールスターズが対戦する。元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏もバルセロナOBとしてUEFAに招待されていたが、バルセロナが拒否し、参加が取り消された。そのことを受けてバルセロナのドリーム・チームを率いた元指揮官のヨハン・クライフ氏が「理不尽だ」コメントをしたという。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

フィーゴ氏1995年から2000年までバルセロナでプレイし、リーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。国王杯を2度制すなど数々のタイトルを獲得した。しかし、2000年にバルセロナから宿敵レアル・マドリーへ禁断の移籍を果たす。その出来事が原因でバルセロナサポーターはフィーゴに憤りを感じ、未だに和解できていない。今回バルセロナのサポーターから圧力を受け、クラブがUEFAにフィーゴ氏の参加取り消しの要請をしたという。

95年にスポルティング・リスボンからフィーゴ氏が、バルセロナに加入した当時、監督を務めていたのがクライフ氏だった。二人は監督と選手として2年間ともに過ごした。

「私はフィーゴが移籍をした経緯についてよく知っている。彼が責められる必要はない。クラブがどうにかできる問題ではなかった。実態としてフィーゴはあの時、正しい決断をした」と語り、クライフ氏はフィーゴ氏の移籍騒動について振り返り、内情を把握しているため彼を養護するコメントを寄せた。

また、決勝戦の予想を問われると「バルサが本命だが、イタリアのチームは諦めないだろう」と応え、バルサがリーグ戦、カップ戦に続き3冠を獲得すると言及するも、ユヴェントスは侮れないという。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ