ベニテス監督のレアル就任を現地ではどう見ているのか?

懐疑的な見方が目立つ一方で、期待する声も……

懐疑的な見方が目立つ一方で、期待する声も……

レアル就任が決まったベニテス監督。photo/Getty Images

レアル・マドリーは3日、14/15シーズンまでナポリを率いていたラファエル・ベニテス監督の就任を発表した。契約期間は3年で15/16シーズンから指揮を執ることになった。

クラブの10回目のチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げたアンチェロッティ監督の退任を惜しむ声が多い現地スペインでは、懐疑的な見方が優勢だ。

「一年も持たないだろうね」、「いや、今年の12月までじゃないかな」といったネガティブな見方がスペイン各紙のコメント欄には並んだ。「いったい誰が彼の後任になるか気になるな」と、既に後任監督を予想する声もあり、反応は極めて冷ややかそのもの。

5月に『マルカ』紙が行った後任希望アンケートでも、ドルトムントのクロップ監督、セビージャのエメリ監督らに次ぐ5位と、ベニテス監督を望むサポーターは少なかった。

しかし中には、「アンチェロッティも最初は懐疑的に見られていた。彼にも結果で黙らせてくれることを期待しよう」という期待する反応も少数ではあるが見受けられた。スタート前から前途多難となったベニテス監督だが、どのような指導をレアルで見せることになるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ