ミランのレジェンドがインザーギ監督の続投に理解「何よりも彼が望んでいる」

「アンチェロッティは来ないだろう」

「アンチェロッティは来ないだろう」

インザーギ監督。photo/Getty Images

現役時代はACミランでプレーし、2009-10シーズンは監督としても指揮を執ったレオナルド氏が、インザーギ監督の続投に理解を示している。

伊ガゼッタTVに出演したレオナルド氏は、揺れるクラブの譲渡問題や監督の去就、会長のチーム戦略について、独自の考えを展開した。

「サッカーとは様々な要素が影響を及ぼす、”複雑なおもちゃ”のようなもの。ミランはここ数年困難な時期にあった。ということは会長にも誤りがあったわけだが、周囲への相談を伴う協力的な決断法といったものは見られなくなっていた。今では、皆が同じ方向に向かってオールを漕ぐといったことは難しくなっている」

ベルルスコーニ会長の手腕に疑問を呈しつつ、ミランの現状を嘆いたレオナルド氏。監督の去就問題にも触れた彼は、「アンチェロッティはミランには来ないだろう」と語り、次のように続けた。

「もしアンチェロッティがミランを望まなかったら、インザーギ監督が続けるだろう。確かに変化が必要だが、彼は続けたがっているのだから。もっとも私が彼の立場ならチームを去る決断をすると思うけどね」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:イタリア

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ