香川の恩師クロップ監督、休養へ

チームを離れる今の心境を吐露

チームを離れる今の心境を吐露

送別会でのクロップ監督。photo/Getty Images

既に今季限りでの退団を明言していた、ドルトムントのクロップ監督。新天地はリバプールやフェネルバフチェなどが噂されていたが、どうやらしばらくの間、休養する模様だ。独紙「キッカー」が伝えている。

今季限りで引退するケールとともに送別会に出席したクロップ監督は、「このチームでの7年間はとても密度の濃い、気持ちの入った時間だった。ここでは驚くほどの多くのことが起き、いろんなことを経験できた。一生の思い出とはこういうことをいうのだろう。だから一度、コーチたちも一緒に、この7年間を消化する時間を得ることにしたんだ」

また、チームを離れることに対しては、後ろ髪を引かれるような思いを感じている。感情を抑えきれない様子で、次のように語った。

「DFBポカールで優勝していれば、それはあまりにも出来すぎたエンディングだったね。試合後、選手たちとは一人一人とさよならのハグを交わした。正直に言うと、今は本当につらい。これからどこへ行こうとも、ここでの経験を胸に生きていくよ」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:ドイツ

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ