元スペイン代表ラウール、同点弾を叩き込みNYコスモス無敗をキープ

チームに貢献する37歳のストライカー

チームに貢献する37歳のストライカー

無敗を続けるNYコスモスのラウール・ゴンサレス。Photo/Getty Images

30日、NASL(北米サッカーリーグ・2部相当)第10節が行われ、元スペイン代表のラウール・ゴンサレスが所属するニューヨーク・コスモスとミネソタ・ユナイテッドFCが対戦した。ラウールがチームに貢献し、コスモスは無敗を続けているとスペイン紙『マルカ』が伝えている。

敵地NSCスタジアムに乗り込んだコスモスは8分に、先制点を許してしまう。DFベネガスのFKからブラジル人FWパブロ・カンポスがヘディングシュートを叩き込んで先制点を奪う。その後もミネソタの猛攻が続いたが、コスモスのディフェンス陣が粘り強い守備を見せてゴールを割らせない。

このまま試合終了かと思われた90分、ラウールのシュートで同点に追いつく。裏へ抜け出したラウールは、MFアンドレス・アレクサンダー・フローレスメヒアのロングボールを受ける。そのボールを胸でトラップし、GKをかわして鮮やかにゴールを奪った。その結果、1-1の引き分けに持ち込み、勝ち点19でスプリングシーズン無敗をキープ。2位のカロライナ・レイルホークスに6ポイントの差をつけて首位に立った。

6月2日に行われる次の試合では、キューバ代表チームと対戦。次節には本拠地ジェームズ・M・スチュアート・スタジアムでジャクソン・アルマダFCと一戦を交える。

元スペイン代表ラウールは2010年レアル・マドリーからシャルケへ移籍。2012年カタールのアル・サッドへの移籍を経て2015年にニューヨーク・コスモスに加入した。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ