ハリルホジッチ監督「個人的なスペシャルなトレーニングをする」

個々の選手に合わせたトレーニングを

個々の選手に合わせたトレーニングを

所属クラブで出場機会のない川島はコンディション面で不安を抱える。photo/Getty Images

6月11日のイラク戦(親善試合/日産スタジアム)、16日のシンガポール戦(W杯予選/埼玉スタジアム)に臨む日本代表25名が発表された。「今回の合宿は少し難しい問題を抱えている」と語ったのはハリルホジッチ監督だ。海外でプレイする選手のシーズン終了時期が異なり、さらには国内組はJリーグがあるため、選手たちは4グループに分かれて断続的に合宿へ集合する。

ブンデスリーガでプレイする香川(ドルトムント)や岡崎(マインツ)はすでにシーズンが終了している。セリエAでプレイする本田(ミラン)や長友(インテル)もシーズンを終えた。しかし、その時期にはズレがあり、帰国スケジュールが違う。そのため、海外でプレイする選手たちは6月1日から徐々に集合し、一番最後に国内組が6月8日に合流して全員が揃う予定となっている。

それでも、ハリルホジッチ監督を含むテクニカルスタッフは入念な準備をして選手を待ち受けている。長谷部(フランクフルト)のように常に試合に出ている選手がいれば、川島(スタンダール・リエージュ)のようにあまりプレイしていない選手もいる。疲労や試合勘を考慮したそれぞれの選手に合わせたトレーニングが必要で、「かなり個人的なスペシャルなトレーニングをする」(ハリルホジッチ監督)と語っている。

いずれにせよ、念頭にあるのはイラク戦、シンガポール戦での勝利だ。「いろいろとやらなければならないことがあるが、最終グループが6月8日に合流し、イラク、シンガポールに勝利することを目的にやっていく。われわれは野心を持って戦っていく」とハリルホジッチ監督は語っている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ