米サッカー、ブラジル代表カカの同点弾!! オーランドが引き分ける

試合終了間際に同点に

試合終了間際に同点に

今季6得点目を挙げたオーランド・シティのカカ。photo/Getty Images

30日、MLS(メジャー・リーグ・サッカー)が行われ、オーランド・シティと コロンバス・クルーが対戦した。フロリダ州のオーランドを本拠地とするオーランド・シティは今季からMLSに新規加入したクラブで、ブラジル代表のカカが所属する。今季の成績は3勝5分け5敗でイースタン・カンファレンス7位。対するコロンバスはプレーオフ圏内の4位につけている。

先制点を挙げたのはアウェイのコロンバス。6分、右サイドからのクロスにMFチャニが強烈なヘディングシュートを叩き込む。だが、追いつきたいオーランドが猛攻を見せる。17分、CKからカカがボーレシュートを放つと、コロンバスのDFマイケル・パークハーストが手でブロックし、ハンドの判定を受ける。オーランドがPKのチャンスを得ると、キッカーのカカがゴール左隅に決めて同点に追いつく。本拠地シトラスボウルで意地を見せる。

だが、再びコロンバスにリードを許してしまう。61分、DFワイロン・フランシスがドリブルを仕掛けてクロスを送る。2012/13シーズンにはノリッジでプレイした経験もあるFWケイ・カマラがヘディングシュートを叩き込んで、今季10得点目を記録した。

このままでは終われないオーランド。89分、途中出場したFWペドロ・リベイロが相手のプレスが甘くなった隙をついて、豪快なミドルシュートを突き刺す。敗戦が近づいていた終了間際に貴重な同点弾を奪った。結局、2-2のまま試合終了のホイッスルを迎える。

次節、オーランド・シティはシカゴ・ファイヤーと対戦。コロンバス・クルーは敵地でフィラデルフィア・ユニオンと一戦を交える。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ