ファンに忠告したクロップ 「トゥヘルと私を比べないでほしい」

退任後は半年間の休養か

退任後は半年間の休養か

ユルゲン・クロップ監督。photo/Getty Images

今シーズン限りで退任するドルトムントのユルゲン・クロップ監督は26日、ファンにビデオメッセージを送り、後任のトーマス・トゥヘルと自身を比べないようにと忠告した。独『ビルト』が伝えている。

「比較することは素晴らしい思い出を損ね、素晴らしい未来をも阻害してしまうんだ」

クロップ監督はそう語り、来シーズンから指揮を執るトゥヘル監督に対して、ファンは寛容な姿勢を持って欲しいという希望を伝えた。魅力的なサッカーを展開して2回のリーグ優勝と1回のドイツ杯優勝を経験し、12/13シーズンにはチャンピオンズリーグ決勝まで上り詰めた「クロップ・ドルトムント」を引き継ぐことは、後任にとっては大きなプレッシャーだ。去りゆくクロップ監督からの心遣いがこのメッセージから読み取れた。

同紙によると、クロップ監督は退任後に半年間の休養を取ることを希望しており、監督業に復帰するのは最短でも15/16シーズンの冬以降ということになる見込みとのこと。様々クラブからの興味が報じられている同監督だが、どのような決断を下すのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:ドイツ

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ