「アレクシスはいつ休めるんだ?」コパ・アメリカを憂うヴェンゲル

リーグカレンダーにも言及「プレミアリーグは誤った判断をした」

リーグカレンダーにも言及「プレミアリーグは誤った判断をした」

過密日程を憂慮するヴェンゲル監督。photo/Getty Images

間もなく開幕するコパ・アメリカ。フットボールファンにとっては、各国シーズン閉幕からほどなくしてビッグな大会が始まることは喜び以外のなにものでもない。しかし開催国チリのアレクシス・サンチェスやコロンビアのダビド・オスピナなど代表選手を抱えるアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、選手のコンディションを憂いているようだ。英『デイリー・メール』や『デイリー・ミラー』などがコメントを伝えている。

「FIFAがこのスケジュールを許可したことには、本当に驚いたよ。ちょっとコンペティションが多すぎると思う。コパ・アメリカは観戦すると思うが、サンチェスのことが心配だ。昨年の夏にはワールドカップを戦い、今季も50試合以上プレイしているのだからね」

アーセナルは5月30日にFAカップ決勝を戦うため、6月11日開幕のコパ・アメリカまでは2週間もない。そして当然、コパ・アメリカを戦った疲労は来季のプレミアリーグにも影響する。この過密日程でコパ・アメリカの開催を承認したFIFAを、ヴェンゲルは批判している。

「FIFAはプレイヤーの健康についていつも語っているが、そのFIFAがこの大会を開催することに失望した。コパ・アメリカのスケジュールと、来季のプレミアリーグ開幕日を見てみるといい。まったく妥当ではない」

プレミアリーグは来季、年末の過密日程緩和のため、開幕を8月8日に早めている。このリーグのカレンダー前倒しにも、ヴェンゲル監督は納得がいっていないようだ。

「カレンダーの前倒しは、プレシーズンに大きな影響を与える。プレミアリーグは間違った判断をした。ワールドカップを戦い、ウィンターブレイクもなく、FAカップ決勝を5月30日に戦い、ユーロを戦う選手たちも6月14日まで招集される。そして、新シーズンが始まるのは8月8日だ。リーグに向けて6週間の準備期間を取った場合、いったい選手たちの休みはどこにあるんだ?」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ