モウリーニョ「チェフの将来は、私の手の中にはない」

信頼を示しつつも、半ば諦めたような発言

信頼を示しつつも、半ば諦めたような発言

本当にスタンフォード・ブリッジを離れるのか。photo/Getty Images

かねてから噂に上っている、チェルシーGKペトル・チェフの移籍問題。ライバルのアーセナルからの興味がさかんに報じられているが、モウリーニョ監督がこの件について口を開いた。イギリス『デイリー・エクスプレス』ほか、各紙が伝えている。

「それは私の手を離れている」とモウリーニョ監督は語った。「プレミアリーグを獲るための大きな戦力だ。彼を手放したくはないよ。しかし、問題はもう私の手の中にはないんだ。私の考える完璧なシナリオは、彼がここに残ることだけれどね。彼はクラブの歴史に名を刻み、クラブは彼とともに歩んできた」

「彼はすばらしいキーパーで、ドレッシングルームでも手本だ。私は、カップ戦やリーグ戦で出場機会を与えることで、彼に対するリスペクトを証明しようとした。しかし、32、33歳の選手が、自分を若いと感じ、情熱をもってすべてのゲームでプレイしたいと思うのは、理解できるよ」

チェフは長年、チェルシーの正守護神に君臨していたが、今季はティボー・クルトワに出番を奪われ、ベンチを温める機会が多くなっていた。モウリーニョ監督自身がこのように発言したことで、いよいよ来季の移籍が真実味を帯びてきたと言ってよさそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ