大迫の活躍を絶賛するケルン監督 「素晴らしい選手であるということを示した」

シャルケ戦で大きな存在感を見せた2人の日本人

シャルケ戦で大きな存在感を見せた2人の日本人

監督に称賛された大迫 photo/Getty Images

10日に行われたブンデスリーガ第32節で日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するFCケルンはシャルケと対戦し、2-0で勝利した。この試合後、チームを率いるペーター・シュテーガー監督がインタビューに応じた。独『キッカー』が伝えている。

「今日は素晴らしい試合をした。ここ数ヶ月でチームは継続して成長してきたんだ。そのことが誇らしいね」

チームを称賛した監督。6位シャルケを相手にほとんどチャンスを作らせず、反対に攻撃では鋭いカウンターを見せての快勝を喜んだ。また、この試合の中で大きな存在感を放った長澤と大迫についても触れた。

「私たちは和輝が負傷から帰ってきて、シーズンを戦うことが出来ることが嬉しいよ」

「勇也は素晴らしい試合をした。ここ数週間の彼のプレイは、なぜ彼と契約したのかを見た人に理解させるものだった。昨年の秋には難しい時間を過ごし、多くの批判に耐えなくてはならなかった。彼はそれらの批判に対して正当な答えを与えることが出来た。来シーズン、チームを動かしていく選手だということを示したね」

長澤の負傷からの復帰を喜ぶとともに、大迫の活躍を手放しで絶賛したシュテーガー監督。大迫は4月12日に行われた第28節ホッフェンハイム戦でも1アシストを記録し、PKを獲得する活躍を見せるなど、直近の試合で大きな存在感を放っている。

次節ケルンは16日に日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツとアウェーで対戦する。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:ドイツ

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ