[ACLまとめ]グループステージ最終戦終了! G大阪と柏レイソルがACL決勝T進出

ガンバ大阪、粘り強さ見せて逆転勝ち

ガンバ大阪、粘り強さ見せて逆転勝ち

バースデー・ゴールを挙げたG大阪のFW宇佐美貴史(写真中央)。photo/Getty Images

アジア・チャンピオンズリーグ(以下ACL)は6日、グループリーグの最終戦が行われ、ガンバ大阪は城南FC(韓国)と、柏レイソルはビン・ズオン(ベトナム)と対戦した。


ガンバ大阪は前半15分に先制を許したものの、後半64分にFW宇佐美貴史のゴールで追いつき同点とする。さらに後半82分、途中出場したFWリンスがDF岩下敬輔の折り返しを押し込んで逆転。G大阪は2-1で勝利を収め、グループステージを1位で突破した。

柏レイソルはすでにグループステージ首位通過を決めている。対するビン・ズオンは敗退が決定しており、両チームにとっては消化試合となっていた。そのため柏は若手主体のメンバー構成でベトナムのビン・ズオン戦に望んだ。56分、ペナルティーエリア内のこぼれ球からビン・ズオンのFWレ・コン・ビンが先制点を奪取。レイソルは0-1で敗れた。

決勝トーナメント1回戦第1戦で、柏レイソルは19日に水原三星ブルーウィングス(韓国)と、ガンバ大阪は20日にFCソウル(韓国)と戦う。

今季Jリーグから鹿島アントラーズ、柏レイソル、浦和レッズ、ガンバ大阪が参戦していた。4チーム中2チームが決勝トーナメントへ駒を進めた。

東地区のグループの順位と勝ち点は以下のとおり。
上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

グループE
1 柏レイソル 11
2 全北現代モーターズ(韓国) 11
3 山東魯能(中国) 7
4 ビン・ズオン(ベトナム) 4

グループF
1 ガンバ大阪(日本) 10
2 城南FC(韓国) 10
3 ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 10
4 広州富力(中国) 10

グループG
1 北京国安(中国) 11
2 水原三星ブルーウィングス(韓国) 11
3 ブリスベン・ロアー(オーストラリア) 7
4 浦和レッズ(日本) 4

グループH
1 広州恒大(中国) 10
2 FCソウル(韓国) 9
3 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア) 8
4 鹿島アントラーズ(日本) 6

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ