[リーガ34節まとめ]熾烈を極めるリーガ優勝争いの行方は!?

バルサ、レアル共に勝ち点を積み上げる

バルサ、レアル共に勝ち点を積み上げる

躍動する南米トリオで今季100ゴール以上記録。Photo/Getty Images

リーガ・エスパニョーラは現地時間29日に第34節の2試合が行われ、バレンシアがラージョに1-1で引き分け、エスパニョールがグラナダに2-1で勝利を収めた。

首位のバルセロナはヘタフェと対戦し6-0で勝利。今季最長の10節無敗記録を達成した。またアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとブラジル代表FWネイマールとともに、それぞれの頭文字をとって“MSN”と言われる3人で合計102得点を記録している。

2位のレアル・マドリーはアルメリアに3-0で勝利。コロンビア代表FWハメス・ロドリゲスの豪快なボレーシュートで奪った先制ゴールが今季チーム通算100点目を記録した。レアルはFWクリスティアーノ・ロナウドが加入した2009年から100ゴールを6年連続で達成している。
バルサとレアルがともに勝ち点を積み重ねたため、勝ち点は2ポイント差のままになる。

3位のアトレティコはビジャレアルと対戦し、FWフェルナンド・トーレスのゴールで1-0で勝利。シメオネ監督はこの試合で就任200戦目を迎えた。シメオネ監督はアトレティコでの就任期間中に5つのタイトル(リーグ優勝1回、国王杯1回、スーペルコパ・デ・エスパーニャ1回、UEFAヨーロッパリーグ1回、UEFAスーパーカップ1回)を獲得した。

CL本戦出場圏の3位争いを繰り広げる現在3位のアトレティコと4位バレンシアは勝ち点6ポイントの差がついた。

次節35節は5月1日〜4にかけて行われる。
注目カードは現地時間2日20時に開催予定のセビージャ対レアル・マドリーの一戦。レアルはリーグ戦終盤に2つ上位陣との対決が控えており、その山場の一つがアウェイ、サンチェス・ピスファンでのセビージャ戦だ。首位バルサを追走するためにも勝ち点を3ポイントを奪いたいところ。

順位表と勝ち点は以下の通り。

1 FCバルセロナ 84
2 レアル・マドリード 82
3 アトレティコ・マドリード 75
4 バレンシア 69
5 セビージャ 69
6 ビジャレアル 53
7 マラガ 47
8 アスレチック・ビルバオ 47
9 セルタ 45
10 エスパニョール 45
11 ラージョ 42
12 レアル・ソシエダ 40
13 エルチェ 37
14 ヘタフェ 36
15 レバンテ 35
16 エイバル 31
17 アルメリア 31
18 デポルティーボ 29
19 グラナダ 25
20 コルドバ 20

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ