ジェラード、ランパードをダブルで表彰。PFAが両レジェンドに特別な敬意を表す

イングランドサッカーへの多大な貢献を讃える

PFA(プロフットボール選手協会)は、長年にわたりイングランドのサッカーに多大な貢献をしたスティーブン・ジェラード、フランク・ランパード両選手に対し、特別な賞を用意していることが明らかになった。英『デイリー・メール』が伝えている。

日曜にPFAは、イングランドでプレイする選手を対象とした「PFA年間最優秀選手賞」と「PFA年間最優秀若手選手賞」を発表する予定になっている。この毎年恒例の授賞式で、PFAは例外的に、両選手のキャリアとイングランドサッカーへの貢献を讃える。

今シーズン限りでプレミアリーグを離れ、アメリカのMLSへ活躍のフィールドを移す両レジェンド。ジェラードは今季限りでL.A.ギャラクシーへの移籍が決まっており、ランパードはすでにニューヨーク・シティFCに所属。マンチェスター・シティには、期限付き移籍という形で参加していた。

ジェラードはこれまでキャリアを通して移籍することなく、リバプールという1つのクラブにフットボール人生を捧げており、これは現代のフットボールにおいては非常に珍しいことだ。ランパードも、チェルシーで14シーズンもの長きにわたり活躍を続けた。今季シティの一員としてスタンフォード・ブリッジへ帰還を果たした際にも、チェルシーファンから温かな拍手で迎えられるなど、クラブのレジェンドとしての地位を確立していた。

彼らは、2人合わせて19もの主要なトロフィーを獲得。その中には、チャンピオンズリーグやUEFAカップのタイトルも含まれている。また、イングランド代表では、合計で220試合の出場を記録。その多くで中盤のコンビを組んだ。プレイエリアが被るため彼らの両立は難しいとされ、事実彼らをメンバーに加えたイングランド代表は「黄金世代」と讃えられながらも、W杯などの主要大会で思うような結果を残せなかった。しかし、スリーライオンズのユニフォームを纏った彼らの勇姿は、多くのフットボールファンの記憶に焼き付いている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ