マンチェスター地元紙「チェルシー戦にはキャリックの力が必要」

80分過ぎ、自らピッチを出たキャリック。photo/Getty Images

12日日曜日に行われたマンチェスターダービーで、試合終盤にふくらはぎを傷めてピッチを後にしたユナイテッドMFマイケル・キャリック。彼がフィットすることが、次節チェルシー戦のカギであると『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。

キャリックの離脱後、10人となったユナイテッドはセルヒオ・アグエロの追加点を被弾。中盤の底はウェイン・ルーニーがケアしていたものの、改めてこのMFの重要性が浮き彫りになった。

同紙は、キャリックは4バックに冷静さをもたらすことができ、彼のクールな頭脳はスタンフォード・ブリッジでの戦いで何よりも優先すると報じた。

また、『スカイ・スポーツ』によれば、ファン・ハール監督は、彼が無理をせずピッチを離れたのは正しい決断だったと語り、自らの交代策は過ちだったと認めている。

「彼の負傷はふくらはぎの問題で、様子を見なければならない。彼はとても経験豊富な選手で、自らピッチを出た彼の行動は賢かった。私は(マタやフェライニでなく)彼を交代させなければならなかったと思っている。私が間違っていたよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ