ケルン地元紙が大迫にチーム内最高評価! 長澤にも及第点と称賛コメント

先制点となるPKを獲得し、2点目をアシストした大迫。Photo/Getty Images

ケルンCEOも絶賛、先発した大迫に最高点が付けられる

12日に行われたブンデスリーガ第28節で大迫勇也と長澤和輝が所属するケルンはホッフェンハイムと対戦し、3対2で勝利した。

この試合に先発出場して20分に先制点となるPKを獲得し、53分に2点目をアシストした大迫に地元紙『エクスプレス』は最高点となる「1」を与えた。また、2点目の起点となった長澤に対しては「3」と、及第点が与えられている。

大活躍から一夜明けた今日、大迫には称賛の言葉が並んだ。地元紙『エクスプレス』は大迫と3点目の4人抜きゴールを決めたヨナス・ヘクターの2人に最高点である「1」を与えた。短評では、「素晴らしい動きによってPKを獲得。そしてウジャーに鋭いパスを送った」と、大迫の活躍を手放しで讃えた。

今季初先発となった長澤には「3」が与えられ、短評では「見事な縦パスで2点目に導く。彼の先発は納得のいくものだった」と評した。長澤は53分、大迫に楔のボールを入れ、これが大迫のアシストに繋がった。

ブンデスリーガ公式サイトではケルンのシュマートケCEOのコメントが掲載され、大迫の活躍を褒め称える様子が伝えられた。

「チームはクオリティーの高さを証明した。プレッシャーがかかり、勝点を獲得しなければならない状況でもそれを証明した。手強いホッフェンハイムを相手に大迫勇也の素晴らしい活躍もあって、良い試合をした」

次節ケルンはMF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦する。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ