シティ守備崩壊……。マンチェスターダービーはユナイテッドに軍配

怒濤のフリーランニングから3点目を奪ったマタ。photo/Getty Images

プレミアリーグ第32節、オールド・トラッフォードでは、ユナイテッド3位、シティ4位で迎えるマンチェスターダービーが行われた。

ここのところダービーでは4連敗と、なかなかシティに勝てなくなってしまったユナイテッドだが、今回こそは上昇気流。不調のライバルを倒し、CL出場権をものにしたい試合となった。

大歓声がこだまするオールド・トラッフォード。しかし6分には、最初の決定機がシティに訪れる。デミチェリスからの長いパスを右サイドで収めたヘスス・ナバスがドリブルで持ち込んでシュート。しかし、ここは守護神デ・ヘアが見事なセーブを見せる。

が、ほどなくして先制点が生まれる。8分、ミルナーから絶好のタイミングでパスを受けたシルバがボックスに侵入。丁寧な折り返しに合わせたアグエロが難なくネットを揺らし、早い時間にシティがリードを奪う。

しかし、14分にはユナイテッドに同点弾。しかも、ピンチを一瞬でチャンスに変えたプレイだった。フィル・ジョーンズの中途半端なGKへのバックパスは、危うくアグエロにさらわれそうになる。が、デ・ヘアが好判断で飛び出し左サイドに長いパス。それをフェライニが収め、エレーラが低いクロスを入れると、中央でもつれながらもヤングがゴールに叩き込む。先制点被弾から5分と経たないうちに、ユナイテッドはゲームを振り出しに戻した。

そして28分、ブリント、ヤングのコンビネーションで左サイドを崩すと、ヤングがファーサイドへクロス。そこで待っていたのは空中戦で無敵を誇るフェライニだった。得意の頭で合わせて、ユナイテッドは前半のうちに逆転してみせる。

激しい撃ち合いの様相を呈しはじめたゲームは、両チームほとんどペースを落とさないまま激しい攻防を見せる。しだいにユナイテッドがボールを動かす時間が増え、良いリズムを保ったまま、試合はハーフタイムへ。

後半、やはり無理をしていたのか、シティはハムストリングを傷めていたコンパニを下げマンガラを投入。センターバックを代えてゲームに臨む。

52分には、マタが倒されて得たフリーキックからユナイテッドにチャンス。枠に飛ばしたルーニーのキックはハートが横っ飛びセーブするが、こぼれ球にユナイテッドの選手が殺到。ヤングやキャリックが押し込もうと次々にシュートを狙うが、シティの選手は体を張ってブロックし追加点を許さない。

1点を追いかけるシティは62分、ミルナーに代えてナスリを投入。しかしユナイテッドに傾く流れは変えられない。67分、フェライニが前に出ていたデミチェリスからボールを奪うと、マタが長い距離をフリーランニングしデミチェリスが空けてしまったスペースへ侵入。そのマタにルーニーを経由してパスが供給され、ゴール前でハートとの1対1となったマタは冷静にシュートを流し込んで3点目を奪う。

さらに73分、左サイドで得たフリーキックに飛び込んだスモーリングが頭で合わせ、なんとユナイテッドに4点目。いつぞやの借りを返してやるとばかりに、ユナイテッドが連続ゴールを叩き込んでリードを広げる。シティは最終ラインにギャップが生まれ、スモーリングを完全にフリーにしてしまっていた。

シティは交代カードを使い切ってランパードを投入し、反撃を試みるが、やはり流れを変えられない。一方のユナイテッドはマタに代えてディ・マリア、フェライニに代えてファルカオを送り込み、前線の活性化を図る。

しかし終了間際、中盤で要となっていたキャリックがどこかを傷めたか、ピッチを離れるアクシデントが起こる。交代枠を使い切っていたユナイテッドは10人でプレイすることになり、シティは数的優位に。

そのスキを突いたシティは89分、サバレタのクロスにアグエロが合わせ2点目を奪うが、反撃はここまで。終了の笛と同時に歓声が沸き起こるオールド・トラッフォード。ユナイテッドが4-2でダービーを制し、CL出場ストレートインにまた一歩近づいた。シティは連敗となり、3位ユナイテッドとの勝ち点差を4に広げられてしまった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ