シメオネ監督の息子を次なるエースとして挙げるパレルモ

U-20南米選手権では9得点を上げ、チームをU-20W杯出場へ導いたジョバンニ・シメオネ。photo/Getty Images

アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督の息子ジョバンニ・シメオネに対し、セリエAのパレルモが700万ユーロを準備し、獲得を狙っているという。イタリア「スポーツメディアセット」が伝えた。

現在はアルゼンチンの強豪リーベル・プレートで活躍する19歳のジョバンニ。先日行われたU-20南米選手権では9得点を上げ、大会得点王にも輝いている。

そんな注目の若手に目をつけたのは、エースストライカーのディバラが今季限りで退団濃厚なパレルモだ。

現在セリエAで13得点を上げている21歳の若きストライカーの移籍金は約50億円とも言われている。アーセナルやユベントスなどがディバラの獲得を狙ってるとされ、今シーズン終了後の移籍は避けられないとしている。パレルモ会長のマウリツィオ・ザンパリーニ氏は、そんなエースの抜けた穴を埋めるためにもシメオネJr.を獲得したいと考えているようだ。

パレルモのほかにも、スペイン1部のセビージャやラージョ・パジェカーノなどもジョバンニ・シメオネの獲得を狙っているという。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ