トルコの強豪、チームバスを狙撃され運転手が被弾

襲撃されたチームバス。フロントガラスに銃弾による穴が空いている。photo/Getty Images

4日、トルコの強豪チーム、フェネルバフチェの選手を乗せたチームバスが、何者かに銃撃される事件が起きた。チームはリゼスポル戦を終え、トラブゾン空港に向かうところだった。クラブの公式ホームページが伝えている。

チームバスは走行中に、武装した数人の男たちに発砲を受けた。銃撃により運転手が被弾。重傷を負い、病院で集中治療を受けているという。

現地警察によれば、襲撃者は散弾銃を使用。選手とスタッフはその後、警察の装甲車両でトラブゾン空港まで無事護送されている。

クラブの役員であるメフメト・ウルス氏は、「事件が起こったのは、我々のバスが高架橋を走行しているときだった。運転手が撃たれたが、その後バスが横転するような大惨事に至らなくて本当に良かった」と振り返る。

なお、選手やスタッフに死傷者はなく、車両事故などの二次的な被害も出ていない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ