【マッチレポート】2か月前の敗戦が遠く感じられた

素早く縦を目指す意識がチャンスを生み、ピンチも招いていた前半

ここ数年、ウズベキスタンとの相性は悪かった。2011年9月6日のアウェイゲームが1-1の引き分け、2012年2月29日のホームゲームには0-1で敗れていた。通算成績では5勝3分け1敗と勝ち越しているが、近年の2試合には勝利がなく、試合前日に岡崎は「(ウズベキスタンには)勝てていないイメージがある」と語っていた。

そうした状況のなか迎えた一戦だったが、立ち上がりから日本の各選手は動きが良く、勢いのある攻撃を仕掛けた。ハリルホジッチ監督が求める縦への意欲が見られ、6分には最終ラインの森重が前線に縦パスを入れたところから岡崎、本田、乾、香川がからんでチャンスを作り、最後は香川がフィニッシュしてCKを得た。このCKの流れから青山が右足ロングシュートを決め、幸先よく先制点を奪った。

その後も日本の各選手はボールを奪ったら素早く縦に入れるサッカーを遂行しようとしていた。しかし、新たな指揮官を迎えてまだ日が浅く、簡単には指向するサッカーをピッチで表現することができなかった。25分には青山の縦パスがカットされ、カウンターを受けて右サイドからゴール前にクロスを入れられた。34分にも右サイドからのクロスを許したが、いずれもファーサイドで酒井高が身体を張った守備を見せ、得点は許さなかった。

前線、中盤でアグレッシブに相手ボールを追いかけ、奪ったら素早く縦にパスを出してゴールを目指すという意識は徹底されていた。とくに、ゴールにつながるCKを奪ったパスワークは最終ラインからフィニッシュまで正確に素早くパスをつないでビルドアップしており、目指すカタチが見えたプレイだった。しかし、頭では理解していても、技術や連係が追いつかず、カウンターにつながる危ないプレイもあった。前半は素早く縦を目指す意識がチャンスを生み、ピンチも招いていた。

チャンスを与えられ選手たちが躍動した後半

「今回の合宿に参加したほとんどの選手を使いたい」と試合前日に語っていたのはハリルホジッチ監督で、内田→太田、今野→水本という選手交代を行なって後半を迎えた。すると、54分に中央の香川から左サイドの乾にパスをつないでチャンスを作り、乾が勝負を仕掛けルーズボールが生まれる。これを拾った太田がダイレクトでゴール前にラストパスを送ると、相手DFに当たってコースが変わり、ファーサイドへ。走り込んだ岡崎がダイビングヘッドで合わせ、追加点を奪った。

その後、試合はやや膠着し、日本がリズムを失っている時間があった。そうしたなか、ハリルホジッチ監督が次々に選手交代を行なうと、ピッチに立つ代表経験の浅い選手たちが与えられたチャンスをモノにするべく、躍動感あるプレイを見せた。

80分には相手FKからボールを奪い、カウンターのチャンスを得る。慌てて飛び出してきた相手GKの頭越しに柴崎が正確な右足ロングシュートを放ち、3点目を奪った。直後にセットプレイから1点を返されたが、日本の勢いは止まらなかった。83分、大迫からのパスを受けた宇佐美がキレのあるドリブルで中央を突破し、強烈な右足シュートでゴールネットを許した。さらに、90分にはCKの流れから川又が泥臭くゴールを奪い、ゴールラッシュを締めくくった。

結局、チュニジア戦、ウズベキスタン戦を終えてフィールドプレーヤーは全員がピッチに立った。チャンスを与えられた選手は自身の実力を示すべく、躍動感あるプレイを見せた。この日の得点者は青山、岡崎、柴崎、宇佐美、川又である。アジアカップで敗れたのが、今年1月下旬だった。遠い昔のように感じられるが、わずか2か月前である。短期間でこの変化をもたらしたのは、新たに指揮官となったハリルホジッチ監督であるのは間違いない。

文・飯塚健司

-------------------------------------------
スマホで、タブレットで! 無料で楽しめる電子雑誌「theWORLD」は、こちらのページからどうぞ!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ