ドゥデク氏「シュチェスニーはアーセナルを離れるべき」

出場機会を失うシュチェスニー。photo/Getty Images

リバプールやポーランド代表で活躍した元GKのイェジー・ドゥデク氏は、同郷のアーセナルGKヴォイチェフ・シュチェスニーについて、チームを離れるべきだとコメントした。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

シーズン開幕当初は先発の座を守っていたシュチェスニーだが、元日のサウサンプトン戦に敗れた直後、ドレッシングルームでの喫煙が発覚し、それ以降はコロンビア代表GKのダビド・オスピナに定位置を譲ってしまった。FAカップの試合では先発するが、リーグ戦ではオスピナからスタメンを奪い返すことができていない。また、アーセナルはこの夏、チェルシーからペトル・チェフを1000万ポンドで獲得するとの噂もある。

「深刻な問題だ」とドゥデクは語った。「もし私が彼だったら、アーセナルで出場機会があるかどうかを疑問に思うだろうし、(以前アーセナルで出場機会を得られず、今季からスウォンジーに移籍した)ルカシュ・ファビアンスキほど長くは待たないと思う」

ドゥデク氏はまた、ポーランド代表でのシュチェスニーの出場機会についても触れた。ポーランド代表は29日にアイルランド代表と、ユーロ2016予選のゲームを行う。

「幸いなことに、我々には目標の達成を可能にする2人のゴールキーパーがいる。ファビアンスキは現在すばらしいフォームにあり、アルトゥール・ボルツは非常に経験豊富だ。監督は最後まで決断を待つと思うが、ヴォイチェフがアイルランドとのゲームでプレイする可能性はもっとも低いだろう」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ