【コラム】日本代表には思い切った若手起用が必要だ

宇佐美貴史とマッチアップする昌子源  photo: Getty Images

コンフェデ杯を逃した日本がすべきこと

アジアカップは、ワールドカップ(W杯)から半年後という難しいタイミングで行われたが、優勝したオーストラリアを筆頭に各国ともに予想以上に若い選手を抜擢し、未来をにらんだチームで臨んで来た。特にベスト4入りを果たしたイラクやUAEは、ユースから結果を積み上げて来た選手たちを軸に、フル代表の成果に繋げた。逆に日本は、コンフェデレーションズカップの重要さを理解しているだけに、ほぼW杯のままのメンバーで臨み、そして敗退した。もちろん内容的にベスト8が妥当だったとは思わないが、最も経験豊かで完成度の高いはずのチームで敗れたという事実は重い。

つまりアジアの有力国の中で、日本は次のW杯へ向けての準備で最も遅れを取っている。そう考えれば、6月に始まるW杯1次予選などは、従来の主力を外してでも大胆な試みをしておく必要がある。

特に日本で最大のウィークポイントとなっているCBは、このタイミングで思い切って若手に切り替えてしまう手もある。なかなか途中で代えられるポジションではないので、できればロシアから2度のW杯を戦える人材に託したいところだ。

もしアギーレ体制が続けば、アジアカップ後は昌子源と植田直通の出場機会が増えていった可能性が高い。まだ代表では起用されていない2人だが、それでも敢えてアギーレはアジアカップに連れて行った。資質的にも3年後のロシアの主力と考えていたに違いない。

さらにCBに求められるサイズと能力を考えれば、岩波拓也も加えたい。例えば、過去の日韓両代表の歴史を見ても、ホン・ミョンボや井原正巳は、いきなり20歳前後で大抜擢され、以後10年以上も主力として君臨した。特に日本の場合は、条件を揃えたCBが少ないだけに、今から彼らを代表戦のピッチに送り出しても早過ぎることはない。植田と岩波は、五輪予選で忙しくなるので使い方は考えていく必要があるが、少なくとも現レギュラーの吉田麻也、森重真人と併用しながら経験を積ませたい。

また新監督がどのフォーメーションを使うかは未知数だが、今野泰幸の後継者としては米本拓司に期待したい。国内ではインテンシティが高く、ボールを刈り取り、縦への推進力を生み出せる稀な才能の持ち主。故障の影響もあったが、今まで代表で試されていないのが不思議な存在ではある。アグレッシブな半面、時に致命的なミスが顔を出すのがマイナス要素なのだろうが、アギーレ体制のようにアンカーを置くシステムが今後使われるならば適任だ。代表に異質な色を添えてくれる可能性もある。

背番号10の香川でさえも絶対の存在ではない

一方で日本のストロングポイントと見られている攻撃的MFも、やはり見直しを図るべき時が来ている。今まではフィニッシュに絡むパサーとして香川真司、本田圭佑、清武弘嗣、ドリブラーとして乾貴士、武藤嘉紀が起用されてきたが、特に見直しをするべきなのは、香川、本田が鉄板だった前者のポジションだ。特に香川は、マンチェスター・ユナイテッド時代に出場機会を減らしてから、日本代表でも重要な試合で期待を裏切る頻度が高い。そこで競争を促す意味でもチャンスを与えてみたいのが、ブンデスリーガ2部のカールスルーエで結果を出している山田大記だ。もともとファンタジーの質では際立っていたが、9 0分間を通して見ると、あまりに消えてしまう時間が多かった。もちろん今までの日本人選手やチョン・テセなどを見ても、2部リーグでのパフォーマンスがそのままブンデスリーガ1部での活躍に直結するとは限らない。しかしさすがにドイツでコンスタントに出場するためには、総合的な貢献が不可欠。現在のレギュラーを刺激するタレントとしては一番手だろう。

また誰もが国内屈指の才能を認める宇佐美貴史も、現状の守備での貢献度を見れば、アギーレ前監督が使わなかったのも十分に理解できる。世界を見渡しても、宇佐美の守備面での貢献は“リオネル・メッシ並み”だ。要するに宇佐美を代表で使うなら、攻撃面でメッシ並みの貢献が求められるが、現時点で到底及ばないのは明らかだ。ただし現状で、香川と攻撃的な貢献を比較した場合、宇佐美の方がバリエーションと活動範囲は広い。香川には俊敏なターンと狭いスペースでの打開力、アイデアがあるが、キックの種類や精度、ラストパスやシュートのレンジでは宇佐美が上回る。例えば、ザッケローニ時代にハーフナー・マイクが入っても、香川は戦い方の変更に対応できず自分の得意な形に固執するばかりだったが、ガンバ大阪での宇佐美はパトリックを見事に使いこなした。ボールを持たない局面の献身性が追いつけば、宇佐美が香川を超えていく可能性はある。

そして最後にGKだが、やはりなでしこ同様に世界基準のサイズを追求したい。世界に伍して戦うなら、身長1 9 5㎝の林彰洋に経験という栄養を与え続けるのも一考の価値があると思う。


文/加部 究

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ