今度は「バックパス・ユナイテッド」に?

デ・ヘアの正確なロングキックは、確かに武器ではあるのだが。photo: Getty Images

イギリス『デイリー・ミラー』によると、マンチェスター・ユナイテッドのGKデ・ヘアは、今季これまでに、プレミアリーグの他のどのGKよりも多くのバックパスを受けている。

前節のサンダーランド戦では、DFエヴァンスがデ・ヘアにバックパスを出した瞬間ファンからブーイングが飛び、「攻めろ! 攻めろ!」というチャントを歌われてしまっていた。ファン・ハール監督は、選手のプレイの選択を「あの場面でミスをしたら、チームがビハインドを負うことになった」と擁護しつつも、ファンの言いたいこともわかると発言。

「そんなにキーパーを使う必要があるのか、というファンの意見には同意する。キーパーを使わなくとも、これまでにチームが高いテンポでプレイする瞬間は見てきたからね」

同紙によると、今季これまでのGKへのバックパスの本数は、ユナイテッドが442本で最多。次いでエバートンの398本、サンダーランドの384本と続く。ちなみにもっとも少ないのは、クリスタルパレスの189本だった。

ウェストハムのアラダイス監督から、放り込み戦術を「ロングボール・ユナイテッド」と揶揄された今季のユナイテッド。今度は「バックパス・ユナイテッド」などと言われないためにも、ファンの期待に応えるフットボールを見せたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ