リバプール、ジェラードの後釜にローマのピャニッチを狙う?

ローマの攻撃を牽引する技巧派アタッカーのピャニッチ photo: Getty Images

リバプールのブレンダン・ロジャーズ監督は、来夏にL.A.ギャラクシーへ移籍するジェラードの後釜に、ローマのピャニッチを考えているかもしれない。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

ロジャーズ監督は、ローマのスポーツディレクターのウォルター・サバティーニ氏と接触したとされる。興味を持っているのはセンターMFのナインゴラン、攻撃的MFのリャイッチ、そして、もっとも関心を持っているとされるのがボスニア・ヘルツェゴビナ代表の司令塔ピャニッチだ。ジェラードが残していくであろう大きな穴を埋める人材として、ピャニッチのクラブと代表の両方でプレイしてきた彼の能力、経験を買っているという。

しかしローマは、ピャニッチに3700万ポンドと強気の値段を付けたようだ。もし実現すれば、これはクラブレコードとなる額だ。一方リバプール側は、2000万ポンドほどの評価額だとみられる。かなりの開きがあるが、ローマのスター選手のプレミア移籍はあるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ