アーセナル、ガブリエウ・パウリスタ獲得を発表。手薄な最終ラインを補強

守備の脆さを露呈しがちなアーセナルの救世主となるか

アーセナルは、スペインのビジャレアルに所属していたブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(24)とサインした。28日、クラブの公式サイトが伝えた。

今季ビジャレアルで守備の中心として活躍していたガブリエウだが、24日には既にビジャレアル側の公式サイトでアーセナルへの移籍が発表されており、契約の完了は秒読み段階に入っていた。移籍金は公式サイトでは発表されていないが、1500万ポンドほどと見られている。唯一のネックと思われていたイングランドの労働許可証も無事発行されたようだ。

ガブリエウは「僕はずっとプレミアでプレイしたいと思っていた。家族にもそれを伝えたんだ。こんなビッグクラブに来ることができて満足だよ。僕はチームの助けになりたいと強く思っている」などとコメントしている。

アーセナルは今季、多くの負傷者に悩まされている。センターバックをモンレアルやドゥビュシーといったサイドバックの選手が務めることも多く、センターバックの枚数が足りないことでファンからもベンゲル監督を非難する声が上がっていた。まさに待望の補強といえる。

また、ジョエル・キャンベルはガブリエウと入れ替わる形で、ビジャレアルへのローン移籍が決まった。このコスタリカ代表FWは昨夏のW杯で結果を出しファーストチームに残ったものの、十分な出場機会を得るには至っていなかった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ