調子が上がらないミラン、原因はCEOにあり!?「ファッソーネはサッカーを知らない」

試合前に話をするモンテッラ監督(左)とファッソーネCEO(右)photo/Getty Images

モンテッラを擁護するカターニャCEO

カターニャのCEOを務めるピエトロ・ロ・モナコ氏が、ACミランの現指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラを擁護している。

チャイナマネーを手に入れたことで、今夏の移籍市場で大金を投じ、レオナルド・ボヌッチやフランク・ケシエといった即戦力となる選手を多く獲得したミラン。しかし、積極補強とは裏腹に、セリエA第7節を終えた時点で早くも3つ目の黒星を喫し、ピンチに立たされている。そのため、モンテッラ監督の解任報道が早くも浮上。しかし、ミランの不調の原因は、指揮官や選手だけではないのかもしれない。

カターニャ時代のモンテッラ監督(2011-12に監督としてチームを指揮)を知るロ・モナコ氏が、伊『radio INCONTRO OLYMPIA』でミランの不調の原因について次のような見解を示している。

「インテル対ミラン戦は非常に繊細な試合になるだろう。予想を覆すようなダービになるかもしれないね。しかし、ファッソーネ(ミランCEO)は、サッカーについて何も知らない。モンテッラは非常に有能な監督だが、ファッソーネが混乱を与えてしまい、とても困難な状況に追い込んでいる。技術指導の変更を求める彼らによって、ミランが脅かされる可能性が高い」

15日にはインテルのとのミラノダービーを控えているミランだが、この一戦に勝利し、チームを再び勝利街道へ乗せることができるのか。幹部らはモンテッラへの信頼を強調していたが、試合の結果次第では解任の可能性も。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ