アジアじゃなければW杯には出場できなかった? 韓国のレジェンドも「我々より弱いチームはない」

アジア勢は親善試合でも苦戦 photo/Getty Images

アジアと比較して他大陸の予選は過酷

2018ロシアワールドカップの出場国が徐々に決まってきているが、今回は各大陸予選が過去に例を見ないほど厳しかった。南米では王者チリ代表が落ち、アルゼンチン代表も敗退の1歩手前まで追い詰められた。アフリカではカメルーン代表、ガーナ代表が敗退、欧州ではウェールズ代表が敗退、グループを9勝1敗で終えたスイス代表がプレイオフに回らなければならない事態にもなった。

強豪国が予選で苦戦していったこともあってか、最近はアジアの予選が甘いとの意見も多く聞かれる。先日は欧州遠征をおこなった韓国代表がロシア代表に2-4、モロッコ代表に1-3と連敗で終えており、世界とのレベルの差を感じる結果となった。

これに韓国『朝鮮日報』も落胆しており、「ワールドカップ9回連続10回目の出場となったが、もしアジアでなければ厳しかったかもしれない」とアジア最終予選だから突破できたとの見方を示している。こう感じたのは日本のサッカーファンも同じだろう。

2002日韓ワールドカップなどで活躍した元韓国代表FWアン・ジョンファン氏も、「私がヒディンクなら韓国代表の仕事は受けない。ワールドカップで韓国より弱いチームはない」と厳しいメッセージを送っている。

果たしてアジア勢はワールドカップ本番で世界を驚かせることができるのか。また1勝もできずに終えるようなことになれば、アジアは予選を通してレベルが低いとの声が挙がることになるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ