「彼がプレミア最高の1人と分かっている」 吉田もV・ダイクの復帰を歓迎

サウサンプトンに所属する吉田 photo/Getty Images

競争が激しくポジションは保証されていないとも

サウサンプトンにプレミアトップレベルと評価されるセンターバックが戻ってきた。16日のクリスタル・パレス戦では日本代表DF吉田麻也、新加入のオランダ代表DFヴェスレイ・フートの2人がコンビを組んだが、1-0とリードした後半42分にはフィルジル・ファン・ダイクが復帰。今夏にはビッグクラブ移籍の噂があったが、最終的にまとまらず残留。ファン・ダイクには不満もあるだろうが、サウサンプトンはプレミア屈指のDFが戻ってきたことで守備の層が厚くなった。

吉田もファン・ダイクの復帰を歓迎している。英『Daily Mirror』によると、吉田はファン・ダイクがプレミア屈指のDFであると実力を認めているが、現在のチームは競争が激しいとコメント。自身を含めファン・ダイクにも厳しい競争があることをアピールしている。

「僕たちは彼がプレミアリーグ最高の選手の1人と分かっています。ただ現実的に彼は8か月もピッチを離れていたので、プレイするのは簡単ではないですね。彼には少し時間が必要です。今の僕たちにはフート、スティーブンスもいて、選手間で多くの競争があります。僕も含めてチームで保証されているところはないですね」

昨季ファン・ダイクが離脱してからは吉田とスティーブンスが良いコンビを築き、今夏はそこにフートも加わった。吉田の評価は昨季から上がり続けてはいるものの、油断はできない状況だ。もはやサウサンプトンはプレミアリーグの中でもトップレベルの守備力を誇るチームとなったが、吉田はこの厳しい競争の中でポジションを守れるか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ