パチューカ本田が第5位 “驚きの契約”トップ10「日本のフトンは寝心地が良いのに……」

メキシコでプレイする本田 photo/Getty Images

日本人MFの決断に驚く

今夏にミランとの契約を満了し、メキシコへと渡った日本代表MF本田圭佑が「今夏に最も驚かされた移籍」のひとつに選出されている。

ロッソネーリからの退団が確実視されていた本田にはその新天地候補としてイングランドのストーク・シティやエヴァートン、そしてスペインのレバンテといった名前が浮上していたものの、最終的に“完全ノーマーク”のパチューカ行きを選択。日本&メキシコ両国にとどまらず、世界中のメディアより驚きと共に報じられると、フィンランドのスポーツメディア『faneille.com』も本田の移籍を“意外なケース”として取り上げ、「今夏に実現した驚きの契約」トップ10の5位に位置付けた。

「ケイスケ・ホンダはおそらく世界でプレイする日本人選手の中でも唯一、抜きん出た存在だ。彼の10年間に及ぶヨーロッパでの冒険は終焉を迎えたかに思えたが、新天地に選んだのはアジアではなくメキシコだった。日本が誇る“フトン”の寝心地の良さや、ルーカス・ポドルスキのJリーグ参戦を考慮すれば、本田の現実的なプランは極東への復帰だと思われていた。しかし、最後に選んだのはパチューカである」

トルコのガラタサライからJ参戦を決めたドイツ人アタッカーの名を引き合いに出しながら、同メディアは本田の行き先としてアジアを有力視していたと振り返る。多くの人々の裏をかいた今回の日本代表MFによる移籍劇だが、“意外な契約”の第1位には本田と同じくメキシコ参戦を果たした元マンチェスター・ユナイテッドMFラヴェル・モリソンが、そして第2位には広州恒大からバルセロナへ加入したブラジル代表MFパウリーニョがそれぞれ選ばれており、PSGからウェスト・ブロムウィッチに加わったグジェゴジ・クリホビアクも7位にランクインする結果となった。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ