大迫、コルドバはモデストの穴を埋められるか 開幕3試合で1得点に独紙も不安視

ケルンの大迫勇也 photo/Getty Images

今季はヨーロッパリーグもあるが……

昨季リーグ戦で5位以内に入った強さはどこへやら。ケルンは開幕からボルシアMG、ハンブルガーSV、アウグスブルクと3連敗を喫してしまった。今季はヨーロッパリーグにも参戦することになっているが、今のままではかなり不安だ。

中でも問題なのが攻撃陣だ。ケルンといえば日本代表FW大迫勇也の所属するクラブだが、開幕から3試合でチームはわずか1得点しか挙げていない。しかもその1点もハンブルガー戦で終了間際にDFフレデリク・ソレンソンが決めたものだ。大迫も含め本来決めるべきFW陣に当たりがないのは寂しいところ。

独『General Anzeiger』は、やはりアントニー・モデスト退団の影響が大きいと伝えている。モデストは昨季25得点を挙げており、一時は得点王争いにも絡んでいた。そのエースが今夏中国の天津権健へ移籍してしまい、ケルンは攻撃陣を再構築する必要に迫られている。

今夏にはモデストの後釜としてジョン・コルドバを獲得しているのだが、同メディアは「モデストのこともあってコルドバへのプレッシャーが大きい」と問題視している。もちろん昨季コルドバとコンビを組んでいた大迫にもプレッシャーはかかっているはず。モデストが抜けたことで今季は残留争いに巻き込まれるところまで落ちるのではとの見方もあったが、日本代表のエース大迫はゴールでチームを救えるか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ