イニエスタ、告白! “心を奪われた”4人「たとえ1秒でも一緒にやれたら」「全所属先で別格」

バルサでキャプテンを務めるイニエスタ photo/Getty Images

偉大なアイドルの名を明かす

世界中のサッカー少年がアンドレス・イニエスタに陶酔するように、この偉大な司令塔もまた多くのレジェンドによる美技に心を奪われてきた。

シルクのようなタッチと敵のわずかな隙を突く華麗なスルーパス。バルセロナのキャプテンを賞賛する言葉を挙げれば枚挙に暇がないが、イニエスタ自身は誰をリスペクトしているのだろうか。クラブ公式サイトのインタビューにおいて、彼がまず口にした人物はマンチェスター・ユナイテッドで猛威を振るった金髪の守護神である。

「ピーター・シュマイケルこそ僕のアイドルさ。だって彼は史上最も偉大な選手の1人だからね。僕がまだ幼い頃、彼の驚異的なフィジカルと神がかり的なセービングに驚愕したよ。彼と同じチームでプレイできたらどんなに幸せだったか」

20世紀を代表するデンマークの英雄に対し、思いの丈を語ったイニエスタだが、続けて“カテナチオのシンボル”に対する敬意も述べている。

「DFならパオロ・マルディーニだね。彼はそのキャリアにおいてあらゆるトロフィーを勝ち取ったし、僕もマルディーニと同じロッカールームを共有したかった」

中盤のプレイヤー、そしてアタッカーから選出したのは“2人の先輩”、ミカエル・ラウドルップとロナウド・ルイス・ナザリオだ。イニエスタは前者の元デンマーク代表とは「たとえ1秒でも良いから一緒にプレイしたかった」とし、後者のフェノーメノに関しては「怖れ」すらも抱いていたと振り返った。

「1996年、僕はバルセロナにいた。その年はロナウドがここへやってきた年でもある。僕は彼の存在感に恐れおののいていたんだよ。その後、ロナウドは多くの勝利を手にして世界中に衝撃を与えた。所属した全てのチームにおいて常に別格だったよ」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ