名将ファン・ハールが明かす“人生最大の屈辱” 「素直に『OK、分かった』と言えたのに……」

多くのクラブを指揮した名将 photo/Getty Images

今も遺恨残る

昨年にマンチェスター・ユナイテッドを解任されたオランダの名将ルイ・ファン・ハールが、赤い悪魔への恨み節を口にしている。

66歳の怒りはいまだに収まっていない。2014年にW杯の晴れ舞台を戦い終えるや否や、オールドトラッフォードへと舞い降り、ディビッド・モイーズの後任として名門の復権を託されていたV・ハール。天文学的な補強資金と世界最高の名誉を手にし、“アレックス・ファーガソン超え”を目指した同監督だったが、その戦績は多くのサポーターを満足させるものとはならず、2015-16シーズン終盤のFA杯優勝後にその任を解かれてしまう。

だが、彼がその非情な別れ方を決して許すことはない。『AD』の取材において、V・ハールは怒りを噴出させている。

「マンチェスター・ユナイテッドが私にクビを勧告してきたのは、それがメディアにリークされた後のことだったんだよ。私にとってあの出来事は人生最大の屈辱だ。彼らは私に一切の相談もせずに決めてしまったのさ」

より平和的な終焉の方法もあったかもしれない。少なくとも彼はそのように指摘した。

「モウリーニョを就任させる計画があるということを事前に私に話してくれれば、私は素直に『そうか、OK、分かったよ。じゃあ残りの6ヶ月に全力を尽くそう』と言えたかもしれない。それにそうすることによって彼らは私の最終年のサラリー分を支払わずに済んだのにね。でも、あのようなことが起きた以上、私は彼らにびた一文すらも譲ることはなかったよ」

就任初年度にチャンピオンズリーグ出場権を確保し、2年目にはFA杯を制覇したファン・ハールは、常に最低限の仕事を果たしてきたとも言える。そんな彼にとって、愛弟子に自身の席を譲らなければならなかったことは屈辱的な経験となったにちがいない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ