ヘントも久保も大スランプ…… 土壇場失点でまさかのドロー 6試合消化で未だ勝利ナシ

今季もヘントで戦う久保裕也 photo/Getty Images

2戦連続で先発ならず

ベルギーのヘントが10日、国内リーグ第6節でヘンクと対戦し、日本代表FW久保裕也はベンチからのスタートとなった。

本拠地ゲラムコ・アレーナに難敵を迎えたヘントは[3-4-3]の布陣でこの一戦に臨むと最前線にはミリセビッチとシモン、ママドゥ・シラを配置。日本代表FWは前節のアンデルレヒト戦に続いてベンチスタートとなるも、1点リードで迎えた74分にシモンと代わって右サイドへ投入される。ピッチ上を縦横無尽に駆け回り、味方からのボールを懸命に要求する久保だが、昨季ほどの信頼を勝ち取っていないせいか、なかなかパスが回ってこないシーンも目立つ。

すると89分、ヘントはFKからブラベクに値千金弾を決められ、土壇場でまさかのドロー。6節にして初の勝利を収めるかに思えた彼らだったが、またしても勝ち点1を得るにとどまり、久保裕也にとってもあまりに収穫の少ない1戦となってしまった。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ