モドリッチに再び浮上したレアル退団説 獲得を狙うのは“大改革”を進めるタレント軍団

最高のプレイを続けるモドリッチ photo/Getty Images

万が一に備える必要も

レアル・マドリードの10番が退団するかもしれない。少なくとも現地メディアはそのように報じている。

ピッチ上を縦横無尽に駆け回り、攻撃から守備、そして得点に至るまであらゆる局面への関与を見せ続けるルカ・モドリッチ。ハメス・ロドリゲス退団により、今夏から新たな10番として君臨するこのハードワーカーによもやの移籍説が浮上した。

スペイン誌『Don Balon』は、サンティアゴ・ベルナベウで最も大きな影響力を持つセンターハーフにミラン行きの可能性があるとし、モドリッチ自身も改革を進める同クラブへの加入に前向きなスタンスを取っていると指摘。ロッソネーリによる同選手への関心が報じられるのはこれが初めてではないが、現在のマドリードには“将来のモドリッチ”候補が複数在籍していることもまた紛れのない事実だ。彼自身が「数年後のバロンドール候補」と推薦したマテオ・コバチッチは今季最高のコンディションをキープしており、夏のマーケットではモドリッチと同様に攻守で多大な貢献を果たすことができる新鋭ダニ・セバージョスも確保。同誌はとりわけ後者のスペイン人MFが今後のレアルで“モドリッチ役”を担うと予測している。いずれにせよ、数年前に比べ、モドリッチ不在時のダメージは幾分か軽減されたと言えるだろう。

もちろんコバチッチやセバージョスが仮に台頭したとして、そのことがモドリッチ退団を直接決定付けるものではない。すでに多くの名手をかき集めたミランが、今後どのようなアクションを起こすかは分からないが、レアルは万が一に備え、若き2人のセンターハーフを十分に成熟させる必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ