韓国シン・テヨン監督、ハッピーエンドに大満足「韓国人の声援がスタジアムまで届いていた」

最高の収穫があった photo/Getty Images

「ドローには残念」

毅然とした態度を貫き、最後には最低限のタスクをこなした。韓国代表を指揮するシン・テヨン監督が5日、ロシアW杯アジア最終予選最終節を終え、激戦の主たちへ労いの言葉を贈っている。

目的はただひとつ、勝つことのみだった。敵地ブニョドコルで嵐のようにシュートを浴びせ続け、攻撃的フットボールを展開した韓国は最後までネットを揺らすに至らなかったものの、他会場でシリアがイランと引き分けに終わった為、2位の座を死守。見事にロシア行きのチケットを確保すると、静かなる闘将シン・テヨンは次のような安堵の声をもらしている。『スポーツ朝鮮』を含む複数メディアが伝えた。

「我々はウズベキスタンを倒すためにここへやって来たから、このスコアレスドローは少しばかり残念だよ。でも韓国のW杯出場を常に応援してくれていたサポーターにはすごく感謝しているし、韓国人の声援はスタジアムまでしっかりと届いていた。本大会へ行けるのは彼らのおかげだ。そして選手たちも歯を食いしばって最後まで戦ったよ」

もちろん課題は残されている。結果を重視した最終予選を終えた今、彼らのやるべきことは明白だ。

「私は攻撃フットボールが大好きなんだ。でも、このチームを指揮してからまだ時間がそれほど経っていないし、まずはDFの連携を高める必要がある。我々にはゴールが無いが、与えられた時間もそもそも無い。ロシアでは本領を発揮できるはずだ」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ