レーヴ監督はまさに“エンターテイナー” 地元クラブ出身選手を多起用しスタジアムが熱狂

粋な起用法でスタジアムを盛り上げたレーヴ監督 photo/Getty Images

選手たちもレーヴ監督の期待に応える

ドイツ代表は4日、ロシアW杯・欧州予選のグループC第8節でノルウェー代表をホームへ迎え入れ、6-0の大勝を納めた。見事8連勝を飾り、ロシアW杯出場に王手をかけた首位のドイツ代表だが、この一戦でヨアヒム・レーヴ監督が見せた起用が話題となっている。

ノルウェー戦はドイツのシュトゥットガルトで行われた。この一戦でレーヴ監督は、地元クラブであるVfBシュトゥットガルト出身のアントニオ・リュティガーやセバスティアン・ルディ、ティモ・ヴェルナーらを先発起用。さらに、途中出場させた3人のうち、サミ・ケディラとマリオ・ゴメスも同クラブ出身で、地元ファンを大いに沸かせた。一方で、ヴェルナーがこの試合で2ゴールを挙げたり、リュディガー、ケディラ、キミッヒ、M・ゴメスといったシュトゥットガルト下部組織出身の4選手の崩しで6点目を奪ったりするなど、選手らも監督の起用に応えている。

試合後のインタビューに応じたレーヴィ監督は「ファンも今日のチームを見て熱くなったんじゃないかな。長い間ドイツを率いているけど、(シュトゥットガルトでの試合は)初めてだからね。素晴らしいコンビネーションとゴールも披露できた。ファンのみんなを盛り上げることができたと思う」とコメント。スタジアムの熱狂に満足気を見せた。

意図してシュトゥットガルト出身の選手を起用したかはわからないが、粋な起用法でスタジアムへ足を運んだファンの盛り上げたレーヴ監督はまさにエンターテイナー。この勢いでドイツ代表はW杯行きのチケットを勝ち取ることができるのか。同代表は次戦、10月5日にグループ2位につける北アイルランドとの直接対決を控えている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ