モドリッチ、FIFAの試合延期後の措置に怒り心頭「選手に対する配慮が足りない」

怒りを露わにしたモドリッチ photo/Getty Images

過密日程を余儀なくされたクロアチア代表

現地時間3日に行われたロシアW杯の欧州予選で、クロアチア代表がコソボ代表に1-0で勝利した。

本来であれば現地時間2日に消化する予定であったこの試合。しかし、2日の豪雨により前半途中で試合が中断され、翌日に試合が延期(再開)される形となった。このFIFA(国際サッカー連盟)の決定に異を唱えたのが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ。中1日で5日のトルコ代表戦を戦うことになった事実を引き合いに出し、同連盟の選手に対する配慮の欠如を指摘した。スペイン紙『MARCA』などが伝えている。

「FIFAは選手のことなんて全く気にかけていないし、(選手への)配慮が足りない。あくまで滞りなく試合が実施されたかどうかが彼らの関心事なんだ。なぜトルコ代表との試合を水曜日に延期しなかったのか、理解に苦しむよ」

現在グループIの首位に位置するクロアチア代表は、勝ち点差2でウクライナ代表、同差3でアイスランド代表、同差5でトルコ代表と、混戦を強いられている。ただでさえ厳しい状況に日程面のハンデが重なってしまったことで、モドリッチの怒りが頂点に達したようだ。異常気象や事件・事故が増えている昨今だが、今一度議論が必要なテーマであることは確かだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ