南米予選で負傷交代のL・スアレス 気になる容態は……

負傷の悪化が懸念されたスアレス(中央) photo/Getty Images

アルゼンチン戦で実戦復帰を果たしたが......

先月16日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャの2ndレグで右膝を負傷したルイス・スアレス(現バルセロナ/ウルグアイ代表)。全治に約4週間を要すると複数のメディアで報じられていた同選手だが、同月31日に行われたロシアW杯の南米予選(アルゼンチン代表戦)で先発出場を果たすなど、復調ぶりをアピールした。

この試合で順調にプレイを続けていた同選手だが、81分にアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディの左足を踏みつけ、その際に自身の右足を負傷。83分での途中交代を余儀なくされた。試合後、各メディアで右膝の負傷の悪化や長期離脱が懸念されていたが、スアレスが自身のInstagramを通じて無事を報告。事なきを得る形となった。

ウルグアイ代表として戦列に復帰した同選手だが、今季のリーガ・エスパニョーラへの出場は果たせていない。早急にリオネル・メッシやウスマン・デンべレ(前ドルトムント)との連係を構築し、パリ・サンジェルマンに移籍したネイマールの不在を感じさせない攻撃パターンを編み出していく必要があるだろう。バルセロナの新しい3トップの結成に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ