ヴェンゲルが明かす レマルの獲得失敗は「選手本人が残留を選択した」から

アーセナルを率いるヴェンゲル photo/Getty Images

有望株の獲得ならず

イングランドのアーセナルを指揮するアーセン・ヴェンゲル監督が、今夏のマーケットで獲得に失敗したモナコのアタッカーについて言及している。

トマ・レマル、21歳。すでにフランス代表としても活躍し、リーグ・アンで最も将来性溢れる選手の1人と評される同選手には、夏を通してアーセナルへの移籍が取り沙汰されてきたものの、最終的に合意が発表されることはなかった。アーセナル側は期限終了間際に100億円を超える破格オファーを提示するも、選手本人がガナーズへの入団を拒絶。そのままモナコで新シーズンを戦う決断を下している。そしてヴェンゲルは今、その“失敗劇”を次のように振り返った。『beIN Sports』がフランス人指揮官のコメントを伝えている。

「モナコに残留するという選択を下したのは選手本人だよ。私はあまりこのことについて詳細なことを話したくはない。なぜならそれらは全て交渉中でのやり取りであり、その中のいくつかのことに関して敬意を払わなければならない。話しすぎる必要はないんだよ」

また、アーセナルがレマルとのサインに成功しなかったことで、アレクシス・サンチェスの玉突き移籍を期待していたマンチェスター・シティは憤慨。チリ代表アタッカーの移籍で内定を得ていたにも関わらず、最終的に放出を認めなかったとしてガナーズへの法的な処置を考慮しているとも報じられている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ