ベッカム氏はC・ロナウド獲得を目指す MLS・マイアミ行きは実現するか

ベッカム氏とC・ロナウドら photo/Getty Images

キャリアの終盤をMLSで過ごすのも良いか

MLSへの参入が近づいているマイアミ・ユナイテッドは、チームのブランド力向上もかねてレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を目指しているようだ。

マイアミ・ユナイテッドはデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めており、MLSへの参入を目指してきた。英『Daily Mirror』によると、獲得候補の1人には世界を代表するスーパースターのロナウドの名前が挙がっているようで、2020年以降の獲得を目指す考えだ。

ロナウドはレアルとの契約を2021年まで結んでおり、その契約が満了するときには36歳になっている。同メディアもキャリアの終盤をアメリカでプレイするのも悪くないと主張しており、ロナウドはオフを何度かマイアミで過ごしている。お気に入りのスポットの1つになっていることも大きい。

MLSでは以前からベテラン選手が最後の稼ぎ時とばかりにアメリカへやってくることに疑問の声もあるが、ロナウド級の選手となれば話は別だ。同メディアもロナウドが加わればMLSにとって大きな後押しになると伝えており、史上最高の選手の1人とも言われるロナウドの挑戦に賛成している。

果たしてロナウドはどのような形でキャリアの最後を迎えるつもりなのか。レアルで引退する案もあるが、欧州を離れて別のチャレンジに挑むのも悪くないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ