[移籍]ムバッペ退団が加速か モナコ、昨季ブレイクの快速アタッカー確保

モナコ移籍が発表されたケイタ photo/Getty Images

昨季はセリエAで自身のキャリアハイを記録

モナコは29日、ラツィオからケイタ・バルデ・ディアオを獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月までの5年間で、移籍情報サイト『transfermarkt』などによると、移籍金は3000万ユーロ(約39億円)とのことだ。

現在22歳のケイタは、バルセロナの下部組織でプレイし、2011年にラツィオユースへ移籍。そして、2013年にトップチームへ昇格すると、同年9月にプロデビューを果たした。昇格初年度は、途中出場や途中交代も多かったが、公式戦35試合に出場して6ゴール9アシストを記録。その後、徐々に頭角を現しチームの主力となると、昨季はリーグ戦でキャリアハイとなる16ゴールを挙げ、ラツィオの躍進を支えた。ユヴェントス移籍間近と報じられた時期もあったが、キリアン・ムバッペの移籍が噂されているモナコが獲得に成功した。

そんなケイタはクラブの公式サイトを通じて「素晴らしい歴史を持つクラブに参加できることは非常に嬉しい。ここでプレイできることが幸せだし、楽しみにしている。ここのプロジェクトは、僕にすごく合っていると思うよ」と喜びを語っている。

同日にステヴァン・ヨヴェティッチの獲得も発表しているモナコ。2人のストライカーはモナコをさらなる高みへ導くことができるのか。一方で、移籍期間は残りわずかだが、今回の移籍によりムッバッペの退団は加速しそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ