レアルDFカルバハルがチームメイトに激怒! 茶化す同僚へ怒りのシュートを見舞う映像が流出(映像アリ)

レアルで株を上げるカルバハル photo/Getty Images

怒りのあまり味方へシュート

親しき仲にも礼儀は存在する。世界的要塞サンティアゴ・ベルナベウの右サイドを駆け巡るレアル・マドリードの成長株ダニエル・カルバハルが、トレーニング中に自身を茶化したチームメイトへ激怒。あまりの怒り故、ボールを蹴り出す“報復行為”に出ている。

ピッチ内外に関わらず、彼はシリアスに勝負の世界を生きる。2013年にレヴァークーゼンでの武者修行を終え、すぐさまレアルでのスターティングポジションを勝ち取ったカルバハルだが、今回その“熱き沸騰ぶり”が動画拡散サイトによって広められてしまった。

26日に世界中へ拡散された映像にはレアル・マドリードでのトレーニングに参加する選手たちの様子が収められており、途中、ボールの跳ね返りがカルバハルの顔面に真っ向から激突。同選手は練習の輪から外れ悶絶していると、キャプテンのセルヒオ・ラモスらがカルバハルに近付き、容態を心配する。問題はその直後だ。地面に顔を埋めるカルバハルに対し、“何者か”がボールを蹴り、無情にもそれは痛みに喘ぐスペイン代表DFの腹を直撃。これに激怒したカルバハルがその“何者か”に対して思い切りボールをシュートし、自身の痛みが決してジョークでは無いことを存分にアピールしたのだ。

動画はその直後、笑いながら事態を見守るルーカス・バスケスをアップに捉え、同胞による突然の怒りを理解できずにいる様子から、このサイドアタッカーをあたかも“真犯人”かのように映し出している。そしてこの動画を拡散サイトにて確認したサポーターもまた同様の見解を口にした。

「おい、バスケス。仲間が悶絶する様子がそんなに楽しいのか?」

「これはルーカス・バスケスが悪いな。カルバハルの気持ちも分かる」

「なぜバスケスはカルバハルが痛がるのを見てそんなに笑えるんだ?」

「すぐに駆け寄るラモスはやっぱり頼れるキャプテンだ」

周囲の想像以上に頭に血が上った様子のカルバハルに対し、柔らかな笑顔でそのテンションを和らげたのは主将のセルヒオ・ラモスだ。レアルを纏めるこの偉大なキャプテンはカルバハルへ温かい抱擁を施し、“瞬間湯沸かし器”と化した右SBの怒りを解消。チームは再びデュオ・デシマを達成した際の一枚岩と化し、カルバハルの熱は平和的に緩和されている。



記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ