エジルがリヴァプール戦大敗を謝罪「非難、批判、怒号は当然だ」

ファンに謝罪をしたエジル photo/Getty Images

アーセナルは全く機能せず

アーセナルは27日にイングランド・プレミアリーグ第3節で、リヴァプールと対戦し4-0で大敗した。この結果に先発フル出場を果たしたメスト・エジルは、チームの出来の悪さを謝罪している。

アーセナルは90分間を通し枠内シュート0に終わり、フィジカル面やテクニカル面など全てにおいてリヴァプールに圧倒された。文句の言いようがない敗北にファンは失望し、早くも危機的状況に陥っている。エジルは試合後、その場にしゃがみ込みすぐに立ち上がることができなかった。これから代表ウィークに入りクラブでの試合が一時中断されるが、チームの指揮を執る同選手は、自身のInstagramで試合後すぐにファンに向けてコメントを残している。

「非難、批判、怒号は当然だ。僕は今日の試合結果に失望している。インターナショナルブレイク前に、ポジティブな結果が欲しかったけれど、90分間を通して僕たちは全く良くなかった。リヴァプールが勝利に値していたことは疑いがない。いつもフラストレーションが溜まった試合の後は、怒りすぎてSNSを更新することはないが、この試合についてコメントをせずに代表チームに行くことはできなかった。しかしながら、ファンには本当に謝りたい。特に、リヴァプールまで来て一緒に戦ってくれた人にはね。しかし、次の試合ではみんなが失望している状態から戻すために、全てを捧げるよ」

最悪の状態で代表ウィークを迎えるアーセナルは、次節のボーンマス戦まで失意の2週間となるだろう。早急に気持ちを切り替えなければならない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ