川崎、浦和に先勝しクラブ史上初のACL4強へ前進 勝因は「強い意志」

2ゴールで勝利の立役者となった小林 photo/Getty Images

ベスト4進出をかけた日本勢対決

23日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝・第1戦が行われ、川崎フロンターレと浦和レッズが相見えた。

試合は、33分に左サイドからの折り返しを小林悠が左足で合わせ、先制に成功したホームの川崎。50分に、小林のシュートのこぼれ球に反応したエウシーニョが追加点を挙げ、リードを2点に広げる。そして、76分にDFの裏へフリーで抜け出した浦和FW武藤雄樹に1点を返されるも、85分に小林が勝利を近づけるこの日2点目のゴールを頭で決め、勝負あり。3-1で川崎が浦和を撃破し、ベスト4進出をかけた日本勢対決に先勝している。

試合後、この一戦で2ゴールを記録し、勝利の立役者となった小林がインタビューに応じ、次のように述べた。クラブの公式サイトなどが伝えている。

まず「今日はホームという強みがあって、自分たちが強い意志を持ってプレイした」と語った小林。その上で「前半は相手がブロックを組んでいて、簡単には崩せないなと思ったが、エウソン(エウシーニョ)と、もっと右サイドを崩せるんじゃないかとは思っていた。先制点を取ってからは、だいぶスペースが空いてきた」と振り返った。

さらに、1点返された場面について「2-1のままだと次の試合は厳しくなる。でも攻めにかかって1失点したら怖い。やりながらどうしようかと考えていた。ただ、ボールを持ちながらチャンスのときはパワーを使おうと思っていました」とコメント。自身の得点シーンについては「先制点はケンゴさん(中村憲剛)から良いボールが来たので、決めるだけだった。2点目は、アキくん(家長昭博)が自分の特徴を生かしたボールをあげてくれました」と話している。

9月13日に行われる第2戦は浦和のホームで行われるものの、クラブ史上初のACLベスト4進出に向けて大きく前進した川崎。この勢いで、次のステージへコマを進めることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ