インテル長友は「開幕戦で最も素晴らしかった」 伊サッカー界の大物が断言

先発の座を守った長友 photo/Getty Images

またしてもそのタフさを発揮

ひたむきに戦い続ける男を注視している大物がいた。かつてセリエCで会長を務めていたマリオ・マカッリ氏が、インテルの日本人SBを称賛している。

20日に本拠地ジュゼッペ・メアッツァで開催されたセリエA開幕戦、フィオレンティーナ戦に先発フル出場した長友佑都は、ルチアーノ・スパレッティ新監督の期待に応える素晴らしい活躍と、攻守における多大な貢献を果たしていた。チームが夏のマーケットで獲得したブラジル人DFダルベルトをベンチに追いやり、先発の座を死守したハードワーカーに対し、マカッリ氏はMVP級の働きだったと絶賛。『sportitalia』が長友を褒め称える同氏の言葉を伝えている。

「インテルはミラン・シュクリニアルとダルベルトという2人のDFを獲得したが、先のフィオレンティーナ戦で最も素晴らしいプレイをしていたのは、ミラノで散々批判されていた小さなSBだよ。彼はスパレッティの信頼を受ける価値がある青年だ。もちろんまだシーズンは始まったに過ぎない。でも、仮に長友佑都がインテルのMVPになったとしたら、外から補強する必要など無かったということだね。インテルはもう多くの実力者をチームに抱えているんだよ」

同氏の指摘する通り、新シーズンはまだスタートしたばかりだが、インテルで最大のピンチを迎えたかに思われた長友はまたしても不屈の精神を見せつけようとしている。このまま最高のコンディションを保ち、ハリルジャパンへ還元してくれることを願いたい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ