ドルトムントが最高のスタートを切る 1G1Aで“18歳MF”が新エースに名乗り

1G1Aの活躍を見せたプリシッチ photo/Getty Images

デンベレが移籍問題で揺れていることもあり……

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは19日、ブンデスリーガの開幕戦でヴォルフスブルクと対戦した。

先日行われたDFBポカール1回戦で約2ヶ月ぶりに公式戦のピッチに立ち、ケガからの復帰を果たした香川。2017-18シーズンの開幕戦はベンチスタートとなった。スタメンには、エースストライカーのピエール・オバメヤンや復活を目指すマリオ・ゲッツェらが起用されている。さらに、マルセル・シュメルツァーら主力DFの何名かが負傷離脱しているため、今夏加入したフランス期待の18歳DFダン・アクセル・ザガドゥも先発に名を連ねた。

試合は、序盤から積極的に攻撃を仕掛け、優位に進めるドルトムント。すると22分、カウンターからロングフィードを受けたオバメヤンがゲッツェへボールを落とす。これをエリア右手前に走りこんだクリスティアン・プリシッチへ展開すると、エリア侵入と同時に右足を振り向く。これが左サイドネットに突き刺さり、ドルトムントが先制した。

これでさらに勢いに乗ったドルトムントは5分後の27分、追撃に成功する。ヴォルフスブルクDFがクリアしきれなかったボールをゲッツェが拾うと、ゴンサロ・カストロへつなぎ、左サイドの高い位置でボールをキープ。そして、DFの間に走りこんだマルク・バルトラへスルーパスを入れると、エリア左から思い切ってゴールを狙う。綺麗な弧を描いたシュートは、GKに触れられないまま右サイドネットに吸い込まれ、ドルトムントがリードを2点に広げてハーフタイムを迎えている。

後半に入っても手を緩めないドルトムント。エースにも待望のゴールが生まれる。60分、右サイドでドリブルを仕掛けたプリシッチがグラウンダーの鋭いクロスを入れる。これをファーサイドへ走りこんだオバメヤンが滑り込みながら足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

その後、危なげない試合運びでこの3点をきっちり守りきったドルトムントが、3-0でヴォルフスブルクを撃破。開幕戦白星で最高のスタートを切った。なお、香川は86分からプレイしている。

この一戦で1ゴール1アシストの大活躍を見せた18歳のプリシッチ。加入2年目で活躍が期待されたウスマン・デンベレが移籍問題で揺れているため、プリシッチが今季の新エースに名乗りをあげるかもしれない。

[スコア]
ヴォルフスブルク 0-3 ドルトムント

[得点者]
ドルトムント:プリシッチ(22)、バルトラ(27)、オバメヤン(60)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ