モウリーニョ、マンUに求めるのは”さらなる3名の補強”

マーケット期間はまだ1ヶ月残されている photo/Getty Images

まだ足りない?

イングランドのマンチェスター・ユナイテッドを指揮するジョゼ・モウリーニョが、クラブに対しさらなる補強を求めているようだ。

すでに今夏のマーケットで1億4600万ポンドを費やし、DFヴィクトル・リンデロフ、FWロメル・ルカク、MFネマニャ・マティッチらの獲得に成功しているユナイテッド。とりわけ昨季のエヴァートンでゴールを量産したルカクとのサインは大きな戦力増強に繋がるはずだが、モウリーニョはまだ100%の満足感を得ていない。

英紙『Independent』はポルトガル人監督がサイドプレイヤーを2名、そしてアタッカーを1名追加するようクラブに要請していると報道。前者の候補としてインテルのウインガー、イヴァン・ペリシッチとパリ・サンジェルマンの右SBセルジュ・オーリエの名前を挙げている。また、24歳のコートジボワール代表DFに関しては、現在のオールド・トラッフォードにおける右サイドを支配するエクアドル代表のアントニオ・バレンシアに匹敵し得る実力があるとも評した。アタッカー候補にはバルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスや、エヴァートンのイングランド代表MFロス・バークリーなど様々な名前が挙がっており、モウリーニョのお眼鏡に適うプレイヤーが誰になるのかに世界中が注目している。

名門復活という巨大なミッションを託され、昨夏の就任以降、幾つもの効果的な契約を成立させてきたモウリーニョだが、彼の要望を満たすだけの補強費は一体いつになれば尽きるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ