オレを超えるDFなどいないのに? ネスタは高騰する移籍金に「過大評価されている選手が多い」

少しブレイクすれば破格の移籍金

少しブレイクすれば破格の移籍金

世界最高のDFの1人と言われるネスタ氏 photo/Getty Images

近年の移籍市場では驚くほど高額な移籍金が動いている。少しブレイクした選手ならば3000万ユーロ近くはかかり、数十年前からは想像もつかないものとなっている。

この流れに疑問を抱いているのは元ミランDFアレッサンドロ・ネスタ氏だ。同氏は2002年にラツィオからミランに3000万ユーロで移籍している。同氏は世界トップレベルのセンターバックだったが、今ではジョン・ストーンズやダビド・ルイス、エリアキム・マンガラらの方が高額な移籍金がかかっているのが現実だ。

伊『Corriere della Sera』によると、ネスタ氏は近年の市場の動きについて「これはイタリアだけではなく全体の問題だ。市場の動きを見ていると過大評価されている選手が数多くいる。クオリティは下がっているように見える」と語っており、移籍金額に見合っていないケースが多いと捉えているようだ。

実際過大評価されている選手は多く、1、2年ブレイクしただけで破格の金額が必要になってくる。同氏はこうした流れに疑問を抱いているようだが、高額なお金が動きすぎるのは問題か。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ