イグアインは去ったが…… レアルから揃って移籍した“同期2人”はナポリへ忠誠誓う

TURIN, ITALY - FEBRUARY 28:  Jose Maria Callejon of SSC Napoli looks on during the TIM Cup match between Juventus FC and SSC Napoli at Juventus Arena on February 28, 2017 in Turin, Italy.  (Photo by Valerio Pennicino/Getty Images)

ファンの質問に応じたカジェホン photo/Getty Images

残りのキャリアをナポリへ捧げる?

ナポリに所属するFWホセ・カジェホンとDFラウール・アルビオルは、残りのキャリアを同クラブへ捧げるつもりでいるのかもしれない。

2013年夏に揃ってレアル・マドリードからナポリへ移籍した現在30歳のカジェホンと31歳のアルビオル。同じくレアルから加入したゴンサロ・イグアインは、昨夏にライバルクラブであるユヴェントスへ移籍してしまったが、2人は今季もチームの主力として活躍している。そんな彼らが、クラブのFacebookアカウント上でファンからの質問に応じた。クラブの公式サイトなどが伝えている。

「ナポリで最も衝撃を受けたこと」について聞かれると、カジェホンは「人々の情熱がスペインのようにあるね。あと、海と気候も素晴らしい。僕は海が大好きだから、今年はよく遊びに行っているよ」とコメント。一方、アルビオルは「ファンのみんなが僕に4年間も与え続けてくれた温かさと愛情かな。僕はナポリのすべてを愛しているし、今後もここに居続けたいと思っているんだ」と述べ、ナポリ愛を語った。

すると、カジェホンも「僕の子供たちはこの街で生まれた。だから、いつになってもナポリの人なんだ。この街の人々は、宗教のようにサッカーで生きている。僕の心も、いつになってもナポリの服を着ているだろう」と話し、忠誠を誓っている。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ