元C大阪MFが薬物所持で逮捕 ナイトクラブで警察にコカインを押収される

SYDNEY, AUSTRALIA - APRIL 19:  Mitch Nichols of the Wanderers speaks to the media during a Western Sydney Wanderers media opportunity at Pirtek Stadium on April 19, 2016 in Sydney, Australia.  (Photo by Brendon Thorne/Getty Images)

薬物所持で逮捕されたニコルズ photo/Getty Images

海外再挑戦のチャンスを棒に振る

かつてセレッソ大阪に所属し、現在はウェスタン・シドニー・ワンダラーズに所属するオーストラリア代表MFミッチ・ニコルズが薬物所持で逮捕された。

現在28歳のニコルズは2014年1月にセレッソ大阪へ入団した。しかし、思うような出場機会を得られないまま、同年6月末に母国のパース・グローリーへレンタル移籍。翌年4月に契約が解除されC大阪に復帰したが、その3ヶ月後の7月にウェスタン・シドニー・ワンダラーズへ完全移籍していた。今季は公式戦28試合に出場し、2ゴール6アシストを記録。輝きを取り戻しつつあった矢先の出来事であった。

オーストラリア紙『The Sydney Morning Herald』によると、地元警察が「ナイトクラブにいたニコルズから、コカインが入った3つのビニール袋を押収した」と発表したとのこと。今夏ニコルズは海外クラブへの再挑戦を視野に入れていたようだが、同紙は「欧州の移籍市場がオープンしたら、いくつかのクラブと交渉しようとしていたが大打撃」と取り上げている。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ